日水製薬オリジナル培地

共同研究先や外部機関との協力の上開発された、特色ある日水製薬オリジナル培地をご紹介します。ヒト間葉系幹細胞用培地、リンパ球用無血清培養液、免疫細胞療法研究用無血清培地、エクソソーム産生用培地など取り揃えております。

ヒト間葉系幹細胞増殖用培地 MSF-BM

MSF-BMは動物由来原料を使用していないヒト間葉系幹細胞の増殖用培養液です。

  • 本製品は“UltraGRO™”(AventaCell BioMedical社製品)を添加した場合、基礎培地よりも高い増殖支持能を示します(コラジェン・ファーマ社との共同研究による)。
  • ウシ胎児血清(FBS)を添加した基礎培地より、MSCの未分化状態を維持したまま高い増殖率で培養できます。
  • PMDA(医薬品医療機器総合機構)より再生医療等製品材料適格性確認書を取得しています。

MSF-BMの詳細を見る

培地性能

MSCの増殖試験

各培地にUltraGRO™を5%添加し、脂肪組織由来MSCの増殖倍率を比較しました。
基礎培地であるDMEM、αMEMより、MSF-BMでは高い増殖が得られます。

MSCの増殖能および分化能確認試験

脂肪組織由来MSCにおいて、UltraGRO™を5%添加したMSF-BMでは、20%FBSを添加したαMEMより良好な増殖が得られました。また、脂肪、骨芽、軟骨細胞への分化能も同程度に維持していました。

材料適格性確認書取得

MSF-BMはPMDA(医薬品医療機器総合機構)より再生医療等製品材料適格性確認書を取得しています。

生物由来原料基準への適合性が確認されており、再生医療等製品の原材料として安心してお使いいただけます。

  • 技術情報

    MSF-BM用低血清サプリメント MSF-Supplement A

  • MSF-Supplement AはMSF-BMを用いたMSCの拡大培養用に開発された低血清サプリメントです。γ線処理を行ったFBSを用いており、FBS終濃度は2%です。
  • 脂肪由来MSC、骨髄由来MSC、天井培養により脱分化した脂肪細胞などにお使いいただけます。
  • MSF-Supplement Aを用いた脂肪由来MSCの増殖試験

    MSF-BM+MSF-Supplement Aは、20%FBSを添加した古典培地(αMEM)より良好な増殖支持能が得られました。

    細胞培養培地サプリメント UltraGRO™-PURE(Research grade)

  • UltraGRO™(AventaCell BioMedical社)は米国の輸血用血小板製剤を原料とする高性能な細胞培養培地サプリメントです。
  • 細胞培養に必要なサイトカインや増殖因子を豊富に含有しています。
  • トレーサビリティーが担保され、性能のロット間差がみられないのが特徴です。
  • Heparin添加不要(Heparin代替化合物 添加済み)・Xeno-freeです。
    ※再生医療等製品材料適格性確認書取得済グレードもございます
    ※米国FDAガイドラインに従った各種病原体の試験実施済み

  • サンプルについて

  • お気軽にお問い合わせください。
  • 製品情報

    製品名 MSF-BM MSF-Supplement A UltraGRO™-PURE
    製品コード 66023 66024
    統一商品コード 302660230 302660247
    JANコード 4987302660230 4987302660247
    包装 500 mL 10 mL 500 mL
    貯法 2~10℃ -20℃以下 -20℃以下
    使用期限 10ヶ月 12ヶ月
    希望納入価格 10,800円 15,000円 お問い合わせ
  • MSF-BM/MSF-Supplement A製品リーフレット
  • サンプルについてはお気軽にお問い合わせください。
  • ヒト間葉系幹細胞増殖用無血清培地 MSH-BM/Supplement (近日製品化予定)

    MSHは異種動物由来成分不含(ゼノフリー)の無血清培地です。

    • ウシ胎児血清(FBS)やヒト血小板溶解物は含まれません。タンパク質成分は微生物で発現させた組み換えタンパク質、ヒト血清由来アルブミン(医薬品)のみです。
    • ヒト間葉系幹細胞を分化能を維持したまま、増殖させることが可能です。20%FBS添加αMEM培地と比較し、優れた増殖性を示します。
    • マーカー発現、脂肪細胞、骨芽細胞、軟骨細胞への分化能を確認済みです。
    MSHの詳細を見る

    培地性能

    MSHの増殖能および表面マーカー

    20%FBS添加αMEMより、MSH培地ではヒト脂肪組織由来間葉系幹細胞(MSC)の高い増殖が得られました。
    また、MSCのマーカーであるCD73、CD90、CD105の陽性が確認されました。

    MSCの分化能確認試験

    MSH培地で6継代培養したヒト脂肪組織由来MSCは、脂肪細胞、骨芽細胞、軟骨細胞への分化能を維持していました。

    サンプルについて

  • お気軽にお問い合わせください。
  • 製品情報

    製品名 MSH-BM (仮) MSH-Supplement (仮)
    製品コード 未定 未定
    統一商品コード 未定 未定
    JANコード 未定 未定
    包装 500 mL(予定) 10 mL(予定)
    貯法 2~10℃ -20℃以下
    希望納入価格 お問い合わせください お問い合わせください
  • MSH培地リーフレット
  • サンプルについてはお気軽にお問い合わせください。
  • エクソソーム産生用培地 MSH-EV-BM/Supplement (近日製品化予定)

    MSH-EVはヒト間葉系幹細胞(MSC)のエクソソーム産生用完全合成培地です。

    • 微粒子の混入が少ないため*、超遠心や限外ろ過によるエクソソーム精製時に培地由来の粒子の混入を抑えることができます。
      *Nanoparticle Tracking Analysisによる検出限界以下(機種:NanoSight)
    • 同一の培地で拡大培養から、エクソソーム産生まで対応可能です。
    MSH-EVの詳細を見る

    培地性能

    MSCの増殖能

    MSH-EV培地は20%FBS添加αMEM培地と同等以上のヒト脂肪組織由来MSC(hAd-MSC)の増殖支持能を示しました。

    MSCの分化能確認試験

    MSH-EV培地で約1か月間継代培養したhAd-MSCは、脂肪細胞、骨芽細胞、軟骨細胞への分化能を維持していました。

    MSCのエクソソーム産生能(拡大培養用培地として)

    MSH-EV培地で拡大培養したhAd-MSCの培養上清からは、αMEM+20%FBSで培養した場合と同程度のエクソソームが得られました。(ELISAによりホスファチジルセリン、CD63陽性のエクソソームを測定)

    MSCのエクソソーム産生能(回収用培地として)

    MSH-EV培地では、αMEM、および、他社エクソソーム回収培地よりも、より多くのエクソソームが得られました。
    (ELISAによりホスファチジルセリン、CD63陽性のエクソソームを測定)

    サンプルについて

  • お気軽にお問い合わせください。
  • 製品情報

    製品名 MSH-EV-BM (仮) MSH-EV-Supplement (仮)
    製品コード 未定 未定
    統一商品コード 未定 未定
    JANコード 未定 未定
    包装 100 mL(予定) 0.1 mL(予定)
    貯法 2~10℃ -20℃以下
    希望納入価格 お問い合わせください お問い合わせください
  • MSH-EV製品リーフレット
  • サンプルについてはお気軽にお問い合わせください。
  • リンパ球用無血清培養液 NS-A2

    NS-A2は免疫細胞療法用に開発された無血清培養液です。

    • ヒト末梢血T細胞の高い増殖を支持します。
    • 異種動物由来タンパク質成分不使用の培養液です。
    • 抗CD3抗体等を使用することで、活性化した末梢血Tリンパ球の高い増殖を支持します。
    • 医薬品グレードのヒト血清アルブミン及び組換え型ヒトインスリン以外のタンパク質成分は不使用です。
    • 物理化学的試験の他、日本薬局方に準拠した無菌試験、エンドトキシン試験、マイコプラズマ否定試験を行っています。

    NS-A2の詳細を見る

    培地性能

    他社Tリンパ球増殖用培地との増殖性能比較

    各培地に自己血漿を5%添加し、IL-2存在下で14日間培養したところ、NS-A2培地はA社培地と同等以上の増殖性能を示しました。

    検体1

    検体2

    自己血漿無添加の条件下における増殖

    自己血漿無添加の条件下において、播種細胞数に対して培養14日目に500倍以上の高い増殖支持能が得られました。

    文献情報

    NS-A2をご使用いただいた文献を掲載しております。

  • 技術情報
  • サンプルについて

  • お気軽にお問い合わせください。
  • 製品情報

    製品名 NS-A2
    製品コード 66001
    統一商品コード 302660018
    JANコード 4987302660018
    包装 1000 mL
    貯法 2~10℃
    使用期限 8ヶ月
    希望納入価格 16,000円

    ※納期はお問合せください。

    DCO-K

    DCO-Kは免疫細胞療法研究用に開発された無血清培養液です。

    • ヒト単球から樹状細胞への効率の良い分化が可能です。
    • 異種動物由来のタンパク質成分は使用しておりません。
    • ヒト血小板溶解物(HPL)等の添加により培養後の収率、生存率が向上します。
    • 物理化学的試験の他、日本薬局方に準拠した無菌試験、エンドトキシン試験、マイコプラズマ否定試験を行っています。
    • PMDA(医薬品医療機器総合機構)より再生医療等製品材料適格性確認書を取得しています。

    DCO-Kの詳細を見る

    培地性能

    インターフェロンα誘導樹状細胞(IFN-DC)の調製に、DCO-Kをご使用いただいております。
    DCO-Kにて培養したIFN-DCとDCO-KにHPLを添加し培養したHPL-DCは、いずれも樹状細胞に特徴的な木の枝のような突起が認められます(図下段)

    引用文献:Interferon-α-Induced Dendritic Cells Generated with Human Platelet Lysate Exhibit Elevated Antigen Presenting Ability to Cytotoxic T Lymphocytes Ippei Date., et al. Vaccines 2021,9(1), 10
    https://dx.doi.org/10.3390/vaccines9010010

    再生医療等製品材料適格性確認書取得

    PMDA(医薬品医療機器総合機構)より再生医療等製品材料適格性確認書を取得しています。

    生物由来原料基準への適合性が確認されており、再生医療等製品の原材料として安心してお使いいただけます。

  • 技術情報

    お客様の声

    2022年7月度オンラインセミナー「DCO-K培地を用いた樹状細胞ワクチンの調製法」

    開催日:2022年6月23日(木)

    講 師:下平滋隆先生(金沢医科大学病院 再生医療センター センター長)

    先生のご研究内容である腫瘍免疫学(樹状細胞、がんワクチン療法関連)を中心に最近のトピックとともにご講演いただきます。 先生には弊社オリジナル細胞培養用培地であるDCO-Kをご使用いただいております。

  • セミナーアーカイブ

    文献情報

    DCO-Kをご使用いただいた文献を掲載しております。

  • 技術情報

    サンプルについて

  • お気軽にお問い合わせください。
  • 製品情報

    製品名 DCO-K
    製品コード 66017
    統一商品コード 302660179
    JANコード 4987302660179
    包装 1000 mL
    貯法 2~10℃
    使用期限 12ヶ月
    希望納入価格 16,870円

    ※納期はお問合せください。

    細胞培養分野に関連する当社製品のご紹介です。