基礎培地

1967年(昭和42年)に高圧滅菌可能な細胞培養用培地を発売したパイオニアとして、高品質な培地をご提供いたします。

粉末培地

イーグルMEM培地「ニッスイ」①Eagle’s MEM “Nissui” ①

製品コード

05900

統一商品コード

302059003

JANコード

4987302059003

包装

100g

希望納入価格

4,000円

使用期限

1年間

貯法

密栓冷所(2~10℃)
防湿

製品概要

高圧蒸気滅菌可能
カナマイシン・フェノールレッド含有
L-グルタミン・炭酸水素ナトリウム不含

イーグルMEM培地「ニッスイ」①は、1959年Harry Eagleによって発表され、広く細胞培養に用いられているMEM培地の処方に従って作られたものである。
従来、この種の培地は、成分の分解・変質のため、高圧蒸気滅菌が不可能で、主としてメンブランフィルターなどによるろ過滅菌が行われてきた。当社は、特殊な製法により、培地成分および細胞増殖支持能を損なうことなく、高圧蒸気滅菌可能な粉末培地を作ることに成功した。
本培地は、HeLa細胞、L細胞などの細胞株、および生体組織から分離され、樹立されていない細胞に対してすぐれた増殖支持能を示す。

使用法

本品9.4 gを蒸留水に溶解し、全量を1,000 mLとしたのち121℃で15分間高圧蒸気滅菌する。高圧蒸気滅菌後、室温まで冷やした培地に、別にろ過滅菌または気密状態で高圧蒸気滅菌しておいた10%炭酸水素ナトリウム水溶液適量を加える(12.5~22.0 mLを加えた場合、5%CO2ガス下、37℃でのpHは7.1~7.4)。すぐに使用しない場合は、密栓して冷暗所(2~10℃)に保存する。使用前に、別にろ過滅菌したL-グルタミン0.292 gを加える。無菌凍結乾燥・グルタミン「ニッスイ」を用いると便利である。目的に応じて適量の血清を加える。

注意
本品にはカナマイシン硫酸塩が60 mg(力価)/Lの割合で含まれているので、ストレプトマイシンやペニシリンのような抗生物質を加える必要はない。

組成

9.4 g(1 L分)中

塩化ナトリウム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6,800 mg
塩化カリウム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・400 mg
塩化カルシウム(無水)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・200 mg
硫酸マグネシウム(無水)・・・・・・・・・・・・・・・・93.5 mg
リン酸二水素ナトリウム(二水和物)・・・・・・・・150 mg
ブドウ糖・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1,000 mg
L-アルギニン塩酸塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・126 mg
L-システイン塩酸塩水和物・・・・・・・・・・・・・・・31.4 mg
L-チロシン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・36 mg
L-ヒスチジン塩酸塩水和物・・・・・・・・・・・・・・・・・42 mg
L-イソロイシン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・52 mg
L-ロイシン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・52 mg
L-リジン塩酸塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・73 mg
L-メチオニン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・15 mg
L-フェニルアラニン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・32 mg
L-トレオニン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・48 mg
L-トリプトファン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10 mg
L-バリン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・46 mg
コハク酸・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・75 mg
コハク酸二ナトリウム(無水)・・・・・・・・・・・・・・・60 mg
重酒石酸コリン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1.8 mg
葉酸・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1 mg
myo-イノシトール・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2 mg
ニコチン酸アミド・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1 mg
パントテン酸カルシウム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1 mg
ピリドキサール塩酸塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1 mg
リボフラビン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・0.1 mg
チアミン塩酸塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1 mg
D-ビオチン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・0.02 mg
カナマイシン硫酸塩・・・・・・・・・・・・・・・・60 mg(力価)
フェノールレッド・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6 mg

イーグルMEM培地「ニッスイ」① 分包Eagle’s MEM “Nissui” ① 分包

製品コード

08160

統一商品コード

302081608

JANコード

4987302081608

包装

1L分×10包

希望納入価格

9,500円

使用期限

2年間

貯法

密栓冷所(2~10℃)
防湿

製品概要

高圧蒸気滅菌可能
カナマイシン・フェノールレッド含有
L-グルタミン・炭酸水素ナトリウム不含

イーグルMEM培地「ニッスイ」①を1L分(9.4 g)ずつ分包した製品である。

イーグルMEM培地「ニッスイ」①は1959年Harry Eagleによって発表され、広く細胞培養に用いられているMEM培地の処方に従って作られたものである。
従来、この種の培地は、成分の分解・変質のため高圧蒸気滅菌が不可能で、主としてメンブランフィルターなどによるろ過滅菌が行われてきた。当社は、特殊な製法により、培地成分および細胞増殖支持能を損なうことなく、高圧蒸気滅菌可能な粉末培地を作ることに成功した。
本培地は、HeLa細胞、L細胞などの細胞株、および生体組織から分離され、樹立されていない細胞に対してすぐれた増殖支持能を示す。

使用法

本品1包を蒸留水に溶解し、全量を1,000 mLとしたのち121℃で15分間高圧蒸気滅菌する。高圧蒸気滅菌後、室温まで冷やした培地に、別にろ過滅菌または気密状態で高圧蒸気滅菌しておいた10%炭酸水素ナトリウム水溶液適量を加える(12.5~22.0 mLを加えた場合、5%CO2ガス下、37℃でのpHは7.1~7.4)。すぐに使用しない場合は、密栓して冷暗所(2~10℃)に保存する。使用前に、別にろ過滅菌したL-グルタミン0.292 gを加える。無菌凍結乾燥・グルタミン「ニッスイ」を用いると便利である。目的に応じて適量の血清を加える。

注意
本品にはカナマイシン硫酸塩が60 mg(力価)/Lの割合で含まれているので、ストレプトマイシンやペニシリンのような抗生物質を加える必要はない。

組成

9.4 g(1 L分)中

塩化ナトリウム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6,800 mg
塩化カリウム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・400 mg
塩化カルシウム(無水)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・200 mg
硫酸マグネシウム(無水)・・・・・・・・・・・・・・・・93.5 mg
リン酸二水素ナトリウム(二水和物)・・・・・・・・150 mg
ブドウ糖・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1,000 mg
L-アルギニン塩酸塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・126 mg
L-システイン塩酸塩水和物・・・・・・・・・・・・・・・31.4 mg
L-チロシン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・36 mg
L-ヒスチジン塩酸塩水和物・・・・・・・・・・・・・・・・・42 mg
L-イソロイシン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・52 mg
L-ロイシン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・52 mg
L-リジン塩酸塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・73 mg
L-メチオニン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・15 mg
L-フェニルアラニン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・32 mg
L-トレオニン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・48 mg
L-トリプトファン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10 mg
L-バリン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・46 mg
コハク酸・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・75 mg
コハク酸二ナトリウム(無水)・・・・・・・・・・・・・・・60 mg
重酒石酸コリン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1.8 mg
葉酸・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1 mg
myo-イノシトール・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2 mg
ニコチン酸アミド・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1 mg
パントテン酸カルシウム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1 mg
ピリドキサール塩酸塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1 mg
リボフラビン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・0.1 mg
チアミン塩酸塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1 mg
D-ビオチン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・0.02 mg
カナマイシン硫酸塩・・・・・・・・・・・・・・・・60 mg(力価)
フェノールレッド・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6 mg

イーグルMEM培地「ニッスイ」②Eagle’s MEM “Nissui” ②

製品コード

05901

統一商品コード

302059010

JANコード

4987302059010

包装

100g

希望納入価格

4,000円

使用期限

1年間

貯法

密栓冷所(2~10℃)
防湿

製品概要

高圧蒸気滅菌可能
カナマイシン含有
フェノールレッド・L-グルタミン・炭酸水素ナトリウム不含

イーグルMEM培地「ニッスイ」①の処方から、フェノールレッドを除いたものである。

〔培養できる代表的な細胞〕
NIH3T3/14-1, WI-38, Vero, HeLa, V79, RC4等。

使用法

本培地は、HeLa細胞、L細胞などの株細胞、および生体組織から分離されていない細胞に対して、すぐれた発育促進効果を示す。

本品9.4 gを蒸留水に溶解し、全量を1,000 mLとしたのち121℃で15分間高圧蒸気滅菌する。高圧蒸気滅菌後、室温まで冷やした培地に、別にろ過滅菌または気密状態で高圧蒸気滅菌しておいた10%炭酸水素ナトリウム水溶液適量を加える(12.5~22.0 mLを加えた場合、5%CO2ガス下、37℃でのpHは7.1~7.4)。すぐに使用しない場合は、密栓して冷暗所(2~10℃)に保存する。使用前に、別にろ過滅菌したL-グルタミン0.292 gを加える。無菌凍結乾燥・グルタミン「ニッスイ」を用いると便利である。目的に応じて適量の血清を加える。

注意
本品にはカナマイシン硫酸塩が60 mg(力価)/Lの割合で含まれているので、ストレプトマイシンやペニシリンのような抗生物質を加える必要はない。

組成

イーグルMEM培地「ニッスイ」①の処方から、フェノールレッドを除いたものである。

9.4 g(1 L分)中

塩化ナトリウム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6,800 mg
塩化カリウム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・400 mg
塩化カルシウム(無水)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・200 mg
硫酸マグネシウム(無水)・・・・・・・・・・・・・・・・93.5 mg
リン酸二水素ナトリウム(二水和物)・・・・・・・・150 mg
ブドウ糖・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1,000 mg
L-アルギニン塩酸塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・126 mg
L-システイン塩酸塩水和物・・・・・・・・・・・・・・・31.4 mg
L-チロシン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・36 mg
L-ヒスチジン塩酸塩水和物・・・・・・・・・・・・・・・・・42 mg
L-イソロイシン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・52 mg
L-ロイシン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・52 mg
L-リジン塩酸塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・73 mg
L-メチオニン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・15 mg
L-フェニルアラニン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・32 mg
L-トレオニン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・48 mg
L-トリプトファン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10 mg
L-バリン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・46 mg
コハク酸・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・75 mg
コハク酸二ナトリウム(無水)・・・・・・・・・・・・・・・60 mg
重酒石酸コリン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1.8 mg
葉酸・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1 mg
myo-イノシトール・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2 mg
ニコチン酸アミド・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1 mg
パントテン酸カルシウム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1 mg
ピリドキサール塩酸塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1 mg
リボフラビン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・0.1 mg
チアミン塩酸塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1 mg
D-ビオチン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・0.02 mg
カナマイシン硫酸塩・・・・・・・・・・・・・・・・60 mg(力価)

イーグルMEM培地「ニッスイ」③Eagle’s MEM “Nissui” ③

製品コード

05902

統一商品コード

302059027

JANコード

4987302059027

包装

100g

希望納入価格

4,000円

使用期限

1年間

貯法

密栓冷所(2~10℃)
防湿

製品概要

高圧蒸気滅菌可能
カナマイシン・フェノールレッド・L-グルタミン・炭酸水素ナトリウム不含

イーグルMEM培地「ニッスイ」①の処方から、カナマイシン硫酸塩およびフェノールレッドを除いたものである。

使用法

本品9.4 gを蒸留水に溶解し、全量を1,000 mLとしたのち121℃で15分間高圧蒸気滅菌する。高圧蒸気滅菌後、室温まで冷やした培地に、別にろ過滅菌または気密状態で高圧蒸気滅菌しておいた10%炭酸水素ナトリウム水溶液適量を加える(12.5~22.0 mLを加えた場合、5%CO2ガス下、37℃でのpHは7.1~7.4)。すぐに使用しない場合は、密栓して冷暗所(2~10℃)に保存する。使用前に、別にろ過滅菌したL-グルタミン0.292 gを加える。無菌凍結乾燥・グルタミン「ニッスイ」を用いると便利である。目的に応じて適量の血清を加える。

注意
本品にはカナマイシン硫酸塩が60 mg(力価)/Lの割合で含まれているので、ストレプトマイシンやペニシリンのような抗生物質を加える必要はない。

組成

イーグルMEM培地「ニッスイ」①の処方から、カナマイシン硫酸塩およびフェノールレッドを除いたものである。

9.4g(1L分)中

塩化ナトリウム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6,800 mg
塩化カリウム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・400 mg
塩化カルシウム(無水)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・200 mg
硫酸マグネシウム(無水)・・・・・・・・・・・・・・・・93.5 mg
リン酸二水素ナトリウム(二水和物)・・・・・・・・150 mg
ブドウ糖・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1,000 mg
L-アルギニン塩酸塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・126 mg
L-システイン塩酸塩水和物・・・・・・・・・・・・・・・31.4 mg
L-チロシン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・36 mg
L-ヒスチジン塩酸塩水和物・・・・・・・・・・・・・・・・・42 mg
L-イソロイシン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・52 mg
L-ロイシン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・52 mg
L-リジン塩酸塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・73 mg
L-メチオニン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・15 mg
L-フェニルアラニン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・32 mg
L-トレオニン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・48 mg
L-トリプトファン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10 mg
L-バリン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・46 mg
コハク酸・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・75 mg
コハク酸二ナトリウム(無水)・・・・・・・・・・・・・・・60 mg
重酒石酸コリン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1.8 mg
葉酸・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1 mg
myo-イノシトール・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2 mg
ニコチン酸アミド・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1 mg
パントテン酸カルシウム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1 mg
ピリドキサール塩酸塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1 mg
リボフラビン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・0.1 mg
チアミン塩酸塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1 mg
D-ビオチン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・0.02 mg

199培地「ニッスイ」Medium 199 “Nissui”

製品コード

05909

統一商品コード

302059096

JANコード

4987302059096

包装

100g

希望納入価格

5,000円

使用期限

1年間

貯法

密栓冷所(2~10℃)
防湿

製品概要

炭酸水素ナトリウム不含

199培地「ニッスイ」は、Morgan, MortonおよびParkerの合成培養液の処方に従って当社が特殊な製法により調合作製した粉末培地である。
本培地は、各種のアミノ酸、ビタミン、核酸成分と少数の中間代謝物その他を含んでいる。本培地単独では細胞の増殖は期待できないが、ポリオ・ワクチンその他のウイルス研究で細胞の維持培養液として広く利用されている。また血清を加えると、初代培養の増殖培地としてきわめてすぐれている。

使用法

本品9.5 gを蒸留水に溶解し、全量を1,000 mLとする(加熱厳禁)。炭酸水素ナトリウムを適量加え、(1.3~2.2 gを加えた場合、5%CO2ガス下、37℃でのpHは7.1~7.4)、溶解させたのち、直ちにろ過滅菌する。あらかじめCO2ガスでpHを下げてからろ過すれば過度のpHの上昇を防ぐことができる。すぐに使用しない場合は、密栓して冷暗所(2~10℃)に保存する。使用前に、目的に応じて適量の血清を加える。

注意
本品はL-グルタミンを含み、炭酸水素ナトリウムを含んでいない。

組成

9.5 g(1 L分)中

塩化ナトリウム・・・・・・・・・・・6,800 mg
塩化カリウム・・・・・・・・・・・・・・400 mg
塩化カルシウム(無水)・・・・200 mg
硫酸マグネシウム(無水)・97.7 mg
リン酸二水素ナトリウム(一水和物)・・・125 mg
硝酸鉄(Ⅲ)(九水和物)・・・・0.72 mg
酢酸ナトリウム・・・・・・・・・・・・・50 mg
アデノシン5’三リン酸二ナトリウム・・・・・・・・・・・・1 mg
ブドウ糖・・・・・・・・・・・・・・・・1,000 mg
L-アルギニン塩酸塩・・・・・・・70 mg
L-ヒスチジン塩酸塩水和物・・・21.9 mg
L-リジン塩酸塩・・・・・・・・・・・70 mg
L-トリプトファン・・・・・・・・・10 mg
L-フェニルアラニン・・・・・・・25 mg
L-メチオニン・・・・・・・・・・・・・15 mg
L-セリン・・・・・・・・・・・・・・・・・25 mg
L-トレオニン・・・・・・・・・・・・・30 mg
L-ロイシン・・・・・・・・・・・・・・・60 mg
L-イソロイシン・・・・・・・・・・・20 mg
L-バリン・・・・・・・・・・・・・・・・・25 mg
L-グルタミン酸・・・・・・・・・・・66.8 mg
L-アスパラギン酸・・・・・・・・・30 mg
L-アラニン・・・・・・・・・・・・・・・25 mg
L-プロリン・・・・・・・・・・・・・・・40 mg
L-ヒドロキシプロリン・・・・・10 mg
グリシン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・50 mg
L-グルタミン・・・・・・・・・・・・100 mg
L-シスチン・・・・・・・・・・・・・・・20 mg
L-チロシン・・・・・・・・・・・・・・・40 mg
L-システイン塩酸塩水和物・・・0.11 mg
ρ-アミノ安息香酸・・・・・・・・・0.05 mg
D-ビオチン・・・・・・・・・・・・・・・0.01 mg
パントテン酸カルシウム・・・・0.01 mg
葉酸・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・0.01 mg
myo-イノシトール・・・・・・・・・・0.05 mg
ニコチン酸・・・・・・・・・・・・・・・・0.025 mg
ニコチン酸アミド・・・・・・・・・・0.025 mg
ピリドキサール塩酸塩・・・・・・0.025 mg
ピリドキシン塩酸塩・・・・・・・・0.025 mg
リボフラビン・・・・・・・・・・・・・・0.01 mg
チアミン塩酸塩・・・・・・・・・・・・0.01 mg
ビタミンAアセテート・・・・・・・・0.1 mg
L-アスコルビン酸・・・・・・・・・0.05 mg
リン酸α-トコフェロール二ナトリウム・・・0.01 mg
カルシフェロール・・・・・・・・・・・・・0.1 mg
2-メチル-1,4-ナフトキン・・・・0.01 mg
重酒石酸コリン・・・・・・・・・・・・・・0.9 mg
2-デオキシ-D-リボース・・・・・0.5 mg
アデニン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10 mg
グアニン塩酸塩・・・・・・・・・・・・0.36 mg
ヒポキサンチン・・・・・・・・・・・・・・0.3 mg
チミン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・0.3 mg
ウラシル・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・0.3 mg
キサンチン・・・・・・・・・・・・・・・・・・0.3 mg
AMP-2Na・・・・・・・・・・・・・・・・・・0.2 mg
D-リボース・・・・・・・・・・・・・・・・・0.5 mg
グルタチオン・・・・・・・・・・・・・・・・0.05 mg
コレステロール・・・・・・・・・・・・・・・0.2 mg
ポリソルベート80・・・・・・・・・・・・・5 mg
フェノールレッド ・・・・・・・・・・・・・6 mg

別に添加すべきもの           
炭酸水素ナトリウム・・・・・・・・・・・・適量

ハムF12培地「ニッスイ」Ham’s F12 Medium “Nissui”

製品コード

05910

統一商品コード

302059102

JANコード

4987302059102

包装

100g

希望納入価格

7,600円

使用期限

1年間

貯法

密栓冷所(2~10℃)
防湿

製品概要

炭酸水素ナトリウム不含

ハムF12培地「ニッスイ」は、1965年Richard G. Hamによって報告された液体合成培地の処方に従って、当社が特殊な製法により調合作製した粉末培地である。
本培地は、哺乳動物細胞の単細胞培養にすぐれ、CHO細胞の培養に広く用いられている。またヒト細胞をはじめ、種々の細胞の初代培養においてもすぐれた増殖支持能を示す。

使用法

本品10.6 gを蒸留水に溶解し、全量を1,000 mLとする。この際、必要以上の熱(37℃以上)を加えてはいけない。炭酸水素ナトリウムを適量加え(1.2~2.0 gを加えた場合、5%CO2ガス下、37℃でのpHは7.1~7.4)、溶解させたのち、直ちにろ過滅菌する。あらかじめCO2ガスでpHを下げてからろ過すれば過度のpHの上昇を防ぐことができる。すぐに使用しない場合は密栓して冷暗所(2~10℃)に保存する。使用前に、目的に応じて適量の血清を加える。

注意
本品はL-グルタミンを含み、炭酸水素ナトリウムを含んでいない。

組成

10.6 g(1 L分)中

塩化ナトリウム・・・・・・・・・・・7,599 mg
塩化カリウム・・・・・・・・・・・・・・224 mg
塩化カルシウム(無水)・・・33.31 mg
塩化マグネシウム(六水和物)・・・122 mg
リン酸水素二ナトリウム(二水和物)・・・177.97 mg
硫酸銅(Ⅱ)(五水和物)・・・・0.0025 mg
硫酸亜鉛(七水和物)・・・・・・・0.863 mg
硫酸鉄(Ⅱ)(七水和物)・・・・・0.834 mg
ブドウ糖・・・・・・・・・・・・・・・・・・1,802 mg
L-アルギニン塩酸塩・・・・・・211 mg
L-アラニン・・・・・・・・・・・・・・・8.91 mg
L-アスパラギン(一水和物)・・・15.01 mg
L-アスパラギン酸・・・・・・・・・13.31 mg
L-システイン塩酸塩水和物・・・35.12 mg
L-グルタミン酸・・・・・・・・・・・14.71 mg
L-グルタミン・・・・・・・・・・・・146 mg
グリシン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7.51 mg
L-ヒスチジン塩酸塩水和物・・・20.96 mg
L-イソロイシン・・・・・・・・・・・・3.94 mg
L-ロイシン・・・・・・・・・・・・・・・13.12 mg
L-リジン塩酸塩・・・・・・・・・・・36.54 mg
L-メチオニン・・・・・・・・・・・・・・4.48 mg
L-フェニルアラニン・・・・・・・・4.96 mg
L-プロリン・・・・・・・・・・・・・・・34.53 mg
L-セリン・・・・・・・・・・・・・・・・・10.51 mg
L-トレオニン・・・・・・・・・・・・・11.91 mg
L-トリプトファン・・・・・・・・・・2.04 mg
L-チロシン・・・・・・・・・・・・・・・・5.44 mg
L-バリン・・・・・・・・・・・・・・・・・11.71 mg
D-ビオチン・・・・・・・・・・・・・0.0073 mg
塩化コリン・・・・・・・・・・・・・・・・・14 mg
パントテン酸カルシウム・・・・0.477 mg
葉酸・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1.32 mg
ヒポキサンチン・・・・・・・・・・・・・・4.08 mg
myo-イノシトール・・・・・・・・・18 mg
プトレッシン二塩酸塩・・・・・・0.161 mg
ピリドキシン塩酸塩・・・・・・・・0.062 mg
リボフラビン・・・・・・・・・・・・・・0.038 mg
ピルビン酸ナトリウム・・・・・・・110 mg
チアミン塩酸塩・・・・・・・・・・・0.377 mg
チミジン・・・・・・・・・・・・・・・・・0.727 mg
シアノコバラミン・・・・・・・・・・・1.36 mg
ニコチン酸アミド・・・・・・・・・0.037 mg
α-リポ酸・・・・・・・・・・・・・・・・0.206 mg
リノール酸・・・・・・・・・・・・・・・0.084 mg
フェノールレッド・・・・・・・・・・・・1.24 mg

別に添加すべきもの           
炭酸水素ナトリウム・・・・・・・・・・・・適量

RPMI1640培地「ニッスイ」①RPMI 1640 Medium “Nissui” ①

製品コード

05911

統一商品コード

302059119

JANコード

4987302059119

包装

100g

希望納入価格

6,000円

使用期限

1年間

貯法

密栓冷所(2~10℃)
防湿

製品概要

L-グルタミン含有
炭酸水素ナトリウム不含

RPMI1640培地「ニッスイ」①は、
Roswell Park Memorial InstituteのDirectorであるDr. George E. Mooreによって研究開発された浮遊培養用培地(suspension culture medium)に従って当社が特殊な製法により調合作製した粉末培地で、従来の液状製品の欠点である成分の分解・変質を防ぎ、長期の保存を可能にしたものである。
この培地によって、世界の多くの人々が、マウスやヒトの白血病細胞の初代培養および、細胞株の維持に画期的な成果をあげている。またこの培地により白血病以外の細胞も浮遊培養することができるので、基礎および臨床方面で広く使われている。

〔培養できる代表的な細胞〕
各種モノクローナル抗体産生株, ヒト抹消血リンパ球の初代培養等。

使用法

本品10.4 gを蒸留水に溶解し、全量を1,000 mLとする。混濁または溶解しにくい場合は、CO2ガスでpHを6.0ぐらいまで下げると透明に溶解する。溶解後、炭酸水素ナトリウムを適量加え、(0.8~1.6 gを加えた場合、5% CO2ガス下、37℃でのpHは7.1~7.4)、直ちにろ過滅菌する。すぐに使用しない場合は、密栓して冷暗所(2~10℃)に保存する。使用前に、目的に応じて適量の血清を加える。

注意
① 本品はL-グルタミンを含み、炭酸水素ナトリウムを含んでいない。
② 本品は高圧蒸気滅菌できない。

組成

10.4 g(1 L分)中

塩化ナトリウム・・・・・・・・・・6,000 mg
塩化カリウム・・・・・・・・・・・・・・400 mg
硝酸カルシウム(四水和物)・・100 mg
硫酸マグネシウム(無水)・・48.84 mg
リン酸水素二ナトリウム(二水和物)・・・1,004 mg
ブドウ糖・・・・・・・・・・・・・・・・2,000 mg
L-アルギニン・・・・・・・・・・・・200 mg
L-アスパラギン(一水和物)・・・56.8 mg
L-アスパラギン酸・・・・・・・・・20 mg
L-シスチン二塩酸塩・・・・・・65.15 mg
L-グルタミン酸・・・・・・・・・・・20 mg
グルタチオン・・・・・・・・・・・・・・・・1 mg
グリシン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10 mg
L-ヒスチジン・・・・・・・・・・・・・15 mg
L-ヒドロキシプロリン・・・・・20 mg
L-イソロイシン・・・・・・・・・・・50 mg
L-ロイシン・・・・・・・・・・・・・・50 mg
L-リジン塩酸塩・・・・・・・・・・・40 mg
L-メチオニン・・・・・・・・・・・・・15 mg
L-フェニルアラニン・・・・・・・15 mg
L-プロリン・・・・・・・・・・・・・・・20 mg
L-セリン・・・・・・・・・・・・・・・・・30 mg
L-トレオニン・・・・・・・・・・・・・20 mg
L-トリプトファン・・・・・・・・・・5 mg
L-チロシン・・・・・・・・・・・・・・・20 mg
L-バリン・・・・・・・・・・・・・・・・・20 mg
D-ビオチン・・・・・・・・・・・・・・・・・0.2 mg
パントテン酸カルシウム・・・・・0.25 mg
塩化コリン・・・・・・・・・・・・・・・・・・3 mg
葉酸・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1 mg
myo-イノシトール・・・・・・・・・・35 mg
ニコチン酸アミド・・・・・・・・・・・・1 mg
ρ-アミノ安息香酸・・・・・・・・・・1 mg
ピリドキシン塩酸塩・・・・・・・・・・1 mg
リボフラビン・・・・・・・・・・・・・・・・・0.2 mg
チアミン塩酸塩・・・・・・・・・・・・・1 mg
シアノコバラミン・・・・・・・・・・0.005 mg
L-グルタミン・・・・・・・・・・・・300 mg
フェノールレッド・・・・・・・・・・・・5 mg

別に添加すべきもの           
炭酸水素ナトリウム・・・・・・・・・・・・適量

RPMI1640培地「ニッスイ」②RPMI 1640 Medium “Nissui” ②

製品コード

05918

統一商品コード

302059188

JANコード

4987302059188

包装

100g

希望納入価格

6,000円

使用期限

1年間

貯法

密栓冷所(2~10℃)
防湿

製品概要

高圧蒸気滅菌可能
L-グルタミン・炭酸水素ナトリウム不含

RPMI1640培地「ニッスイ」②は、Roswell Park Memorial InstituteのDirectorであるDr. George E. Mooreによって研究開発された浮遊培養用培地の処方に従って弊社が特殊な製法により調合作製した高圧蒸気滅菌可能な粉末培地である。
本培地は、マウスやヒトの白血病細胞の初代細胞や細胞株に使用されるほかKATO-Ⅲ細胞(印環細胞がん)を始め多くの人がん細胞の培養にも用いられている。

使用法

本品10.2 gを蒸留水に溶解し、全量を1,000 mLとする。培地が完全に溶解したのち121℃で15分間高圧蒸気滅菌する。高圧蒸気滅菌後、室温まで冷やした培地に、別にろ過滅菌または気密状態で高圧蒸気滅菌しておいた10%炭酸水素ナトリウム水溶液を適量加える(18~30 mLを加えた場合、5%CO2ガス下、37℃でのpHは7.1~7.4)。すぐに使用しない場合は、密栓して冷暗所(2~10℃)に保存する。使用前に、別にろ過滅菌したL-グルタミン0.292 gを加える。目的に応じて適量の血清を加える。

注意
本品は、L-グルタミンおよび、炭酸水素ナトリウムを含んでいない。

組成

10.2 g(1 L分)中

塩化ナトリウム・・・・・・・・・・6,000 mg
塩化カリウム・・・・・・・・・・・・・・400 mg
硝酸カルシウム(四水和物)・・100 mg
硫酸マグネシウム(無水)・・48.84 mg
リン酸二水素ナトリウム(二水和物)・・・880 mg
ブドウ糖・・・・・・・・・・・・・・・・・2,000 mg
コハク酸・・・・・・・・・・・・・・・・・・・46 mg
コハク酸二ナトリウム(無水)・・・・・・・・・・・98.85 mg
L-アルギニン塩酸塩・・・・・・240 mg
L-アスパラギン(一水和物)・・56.8 mg
L-アスパラギン酸・・・・・・・・・20 mg
L-システイン塩酸塩水和物・・・72.9 mg
L-グルタミン酸・・・・・・・・・・・20 mg
グルタチオン・・・・・・・・・・・・・1 mg
グリシン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10 mg
L-ヒスチジン塩酸塩水和物・・・20.3 mg
L-ヒドロキシプロリン・・・・・20 mg
L-イソロイシン・・・・・・・・・・・50 mg
L-ロイシン・・・・・・・・・・・・・・・50 mg
L-リジン塩酸塩・・・・・・・・・・・40 mg
L-メチオニン・・・・・・・・・・・・・15 mg
L-フェニルアラニン・・・・・・・15 mg
L-プロリン・・・・・・・・・・・・・・・20 mg
L-セリン・・・・・・・・・・・・・・・・・30 mg
L-トレオニン・・・・・・・・・・・・・20 mg
L-トリプトファン・・・・・・・・・・5 mg
L-チロシン・・・・・・・・・・・・・・・20 mg
L-バリン・・・・・・・・・・・・・・・・・20 mg
D-ビオチン・・・・・・・・・・・・・・・・・0.2 mg
パントテン酸カルシウム・・・・・・0.25 mg
塩化コリン・・・・・・・・・・・・・・・・・・3 mg
葉酸・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1 mg
myo-イノシトール・・・・・・・・・・35 mg
ニコチン酸アミド・・・・・・・・・・・・1 mg
ρ-アミノ安息香酸・・・・・・・・・・1 mg
ピリドキシン塩酸塩・・・・・・・・・1 mg
リボフラビン・・・・・・・・・・・・・・・・・0.2 mg
チアミン塩酸塩・・・・・・・・・・・・・・・1 mg
シアノコバラミン・・・・・・・・・・0.005 mg
フェノールレッド・・・・・・・・・・・・5 mg

別に添加すべきもの           
炭酸水素ナトリウム・・・・・・・・・・・・適量
L-グルタミン・・・・・・・・・・・・292 mg

ダルベッコ変法イーグル培地「ニッスイ」①Dulbecco’s Modified Eagle Medium “Nissui” ①

製品コード

05915

統一商品コード

302059157

JANコード

4987302059157

包装

100g

希望納入価格

5,000円

使用期限

1年間

貯法

密栓冷所(2~10℃)
防湿

製品概要

L-グルタミン含有
炭酸水素ナトリウム不含

ダルベッコ変法イーグル培地「ニッスイ」①は、R. Dulbeccoらにより開発された培地の処方に従って、当社が特殊な製法により調合作製した粉末培地である。
本培地の特長はイーグルMEM中のアミノ酸濃度を約2倍、ビタミン濃度を約4倍にすることにより、培養細胞の増殖に必要な栄養源が豊富になっていることであり、特にウイルス接種後も細胞増殖を維持できるので、ウイルスを用いる研究分野での利用に適している。また本培地は、非必須アミノ酸のグリシンやL-セリン、糖質代謝系の重要な物質であるピルビン酸、微量の鉄イオンなどを含む改良されたイーグルMEMとして種々の細胞の初代培養を行う際にも広く用いられている。

使用法

本品10.0 gを蒸留水に溶解し、全量を1,000 mLとする。これに炭酸水素ナトリウムを適量加え(1.0~1.8 g加えた場合、5%CO2ガス下、37℃でのpHは7.1~7.4)、溶解させたのち、直ちにろ過滅菌する。あらかじめCO2ガスで、pHを下げてからろ過すれば、過度のpH上昇を防ぐことができる。すぐに使用しない場合は、密栓して冷暗所(2~10℃)に保存する。使用前に、目的に応じて適量の血清を加える。

注意
① 本品はL-グルタミンを含み、炭酸水素ナトリウムを含んでいない。
② 本品は高圧蒸気滅菌できない。

組成

10.0 g(1 L分)中

塩化ナトリウム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6,400 mg
塩化カリウム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・400 mg
塩化カルシウム(無水)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・200 mg
硫酸マグネシウム(無水)・・・・・・・・・・・・・・・・・97.7 mg
リン酸二水素ナトリウム(二水和物)・・・・・・・・・125 mg
硝酸鉄(Ⅲ)(九水和物)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・0.1 mg
ブドウ糖・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1,000 mg
ピルビン酸ナトリウム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・110 mg
L-アルギニン塩酸塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・84 mg
L-シスチン二塩酸塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・62.6 mg
グリシン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・30 mg
L-ヒスチジン塩酸塩水和物・・・・・・・・・・・・・・・・42 mg
L-イソロイシン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・104.8 mg
L-ロイシン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・104.8 mg
L-リジン塩酸塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・146.2 mg
L-メチオニン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・30 mg
L-フェニルアラニン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・66 mg
L-セリン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・42 mg
L-トレオニン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・95.2 mg
L-トリプトファン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・16 mg
L-チロシン二ナトリウム・・・・・・・・・・・・・・・89.5 mg
L-バリン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・93.6 mg
重酒石酸コリン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7.2 mg
葉酸・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4 mg
ニコチン酸アミド・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4 mg
パントテン酸カルシウム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4 mg
ピリドキサール塩酸塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4 mg
リボフラビン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・0.4 mg
チアミン塩酸塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4 mg
myo-イノシトール・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7.2 mg
フェノールレッド・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5 mg
L-グルタミン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・584 mg

ダルベッコ変法イーグル培地「ニッスイ」②Dulbecco’s Modified Eagle Medium “Nissui” ②

製品コード

05919

統一商品コード

302059195

JANコード

4987302059195

包装

100g

希望納入価格

5,000円

使用期限

1年間

貯法

密栓冷所(2~10℃)
防湿

製品概要

高圧蒸気滅菌可能
L-グルタミン・炭酸水素ナトリウム不含

ダルベッコ変法イーグル培地「ニッスイ」②は、R. Dulbeccoによって開発された培地の処方に従って当社が特殊な製法により調合作製した高圧蒸気滅菌可能の粉末培地である。
本培地は、イーグルMEM培地中のアミノ酸濃度を約2倍、ビタミン濃度を約4倍にすることにより、培養細胞の増殖に必要な栄養源が豊富になっている。特にウイルス接種後も増殖を維持できるので、ウイルスを用いる研究分野での利用に適しているほか、非必須アミノ酸、ピルビン酸、鉄イオンなどを含む改良されたイーグルMEMとして、種々の初代細胞や細胞株の培養に用いられている。

使用法

本品9.5 gを蒸留水に溶解し、全量を1,000 mLとする。30分ぐらいマグネチックスターラー上で溶解したのち、121℃で15分間高圧蒸気滅菌する。高圧蒸気滅菌後、室温まで冷やした培地に、別にろ過滅菌または気密状態で高圧蒸気滅菌しておいた10%炭酸水素ナトリウム水溶液適量を加える(12~20 mLを加えた場合、5%CO2ガス下、37℃でのpHは7.1~7.4)。すぐに使用しない場合は、密栓して冷暗所(2~10℃)に保存する。使用前に、別にろ過滅菌したL-グルタミン0.584 gを加える。目的に応じて適量の血清を加える。

注意
本品はL-グルタミンおよび炭酸水素ナトリウムを含んでいない。

組成

9.5 g(1 L分)中

塩化ナトリウム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6,400 mg
塩化カリウム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・400 mg
塩化カルシウム(無水)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・200 mg
硫酸マグネシウム(無水)・・・・・・・・・・・・・・・・・97.7 mg
リン酸二水素ナトリウム(二水和物)・・・・・・・・・140 mg
硝酸鉄(Ⅲ)(九水和物)・・・・・・・・・・・・・・・・・0.1 mg
ブドウ糖・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1,000 mg
ピルビン酸ナトリウム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・110 mg
コハク酸・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・106 mg
コハク酸二ナトリウム(無水)・・・・・・・・・・・・・・・16.2 mg
L-アルギニン塩酸塩 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・84 mg
L-システイン塩酸塩水和物・・・・・・・・・・・・・・・・70.3 mg
グリシン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・30 mg
L-ヒスチジン塩酸塩水和物・・・・・・・・・・・・・・・・42 mg
L-イソロイシン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・104.8 mg
L-ロイシン ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・104.8 mg
L-リジン塩酸塩 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・146.2 mg
L-メチオニン ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・30 mg
L-フェニルアラニン ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・66 mg
L-セリン ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・42 mg
L-トレオニン ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・95.2 mg
L-トリプトファン ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・16 mg
L-チロシン二ナトリウム ・・・・・・・・・・・・・・・・・89.5 mg
L-バリン ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・93.6 mg
重酒石酸コリン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7.2 mg
葉酸・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4 mg
ニコチン酸アミド・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4 mg
パントテン酸カルシウム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4 mg
ピリドキサール塩酸塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4 mg
リボフラビン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・0.4 mg
チアミン塩酸塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4 mg
myo-イノシトール・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7.2 mg
フェノールレッド・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5 mg

SFM-101培地「ニッスイ」SFM-101 “Nissui”

製品コード

05963

統一商品コード

302059638

JANコード

4987302059638

包装

1L分

希望納入価格

12,000円

使用期限

1年間

貯法

密栓冷所(2~10℃)
防湿

製品概要

無血清培地
炭酸水素ナトリウム不含

SFM-101培地「ニッスイ」は、RPMI 1640とイーグルMEMを等量混合したものにチミジン、セレンなど数種の成分を加え、アミノ酸量も再調整したものを基礎培地とし、これにインスリン、トランスフェリンおよびモノエタノールアミンを加えた無血清合成培地である。

特長
1.インスリン、トランスフェリン以外のタンパク質成分を含んでいないため、FBSやアルブミンのようにロット間差による細胞増殖支持能の変動という問題が無い。
2.含有タンパク質濃度が低いので、培養上清液から細胞産性物質を回収する際の精製が非常に簡単である。
3.マウスハイブリドーマ細胞の増殖促進と抗体産生能向上を目的に調製されているが、ヒトリンパ球系の細胞等にも広く応用できる。
4.マウスミエローマP3U-1、NS-1細胞を親株としてハイブリドーマ細胞を作る際には、HAT選択が不要である。さらに、これら細胞をフィーダー細胞として用いることにより、ハイブリドーマ細胞のクローニングを行うことができる。
5.基礎培地とサプリメントから成るため、培地の調製が容易である。

注意
本基礎培地は亜セレン酸ナトリウムを含有しているが、極微量(0.00011%以下)のため、医薬用外毒物には該当しない。

使用法

1.基礎培地1瓶の全量(12.5 g)を蒸留水約900 mLに完全に溶解する。CO2ガスでpHを6.0ぐらいまで下げると溶解しやすくなる。
2.サプリメントAに蒸留水10 mLを加え、完全に溶解する。
3.基礎培地にサプリメントA、B全量を加え、さらに炭酸水素ナトリウムを適量(培地1 L当たり1~1.5 gを加えた場合、5%CO2ガス下、37℃での培地pHは7.1~7.4になる)加え、蒸留水で全量を1,000 mLにする。
4.十分混和後、直ちにろ過滅菌する。
5.培地調製後、すぐに使用しない場合は、密栓して冷暗所(2~10℃)に保存する。

注意
① 培地をろ過滅菌する際、タンパク質成分のフィルターへの吸着を避けるために、タンパク質低吸着フィルターを使用する。
② 一度溶解したサプリメントAを使いきれない場合は、-20℃以下に保存すれば再度使用できる。ただし、くり返し凍結融解することは避ける。
③ 調製した培地の保存は2ヵ月以内とする。

組成

〔セットの内容〕
基礎培地・・・・・・・・12.5 g(1 L用)×1本
サプリメントA・・・10 mL用(1 L用)×1本
サプリメントB・・・・・・・5 mL(1 L用)×1本

基礎培地12.5 g(1 L分)中

塩化ナトリウム・・・・・・・・・6,000 mg
塩化カリウム・・・・・・・・・・・・400 mg
塩化カルシウム(無水)・・・100 mg
硝酸カルシウム(四水和物)・50.4 mg
硫酸マグネシウム(無水)・・・・・・・・・・・・・・・・71 mg
リン酸二水素ナトリウム(二水和物)・・・75 mg
リン酸水素二ナトリウム(二水和物)・・・502 mg
亜セレン酸ナトリウム・・・・0.002 mg
L-アルギニン・・・・・・・・・・・・・・100 mg
L-アルギニン塩酸塩・・・・・・・・・78 mg
L-アスパラギン(一水和物)・43.4 mg
L-アスパラギン酸・・・・・・・・・・10 mg
L-システイン塩酸塩水和物・・・15.7 mg
L-シスチン二塩酸塩・・・・・・・32.5 mg
L-グルタミン酸・・・・・・・・・・・10 mg
L-グルタミン・・・・・・・・・・・・600 mg
グリシン・・・・・・・・・・・・・・・・・・10 mg
L-ヒスチジン・・・・・・・・・・・・・・7.5 mg
L-ヒスチジン塩酸塩水和物・・・21 mg
L-ヒドロキシプロリン・・・・・・・10 mg
L-イソロイシン・・・・・・・・・・・・・51 mg
L-ロイシン・・・・・・・・・・・・・・・・51 mg
L-リジン塩酸塩・・・・・・・・・・・56.5 mg
L-メチオニン・・・・・・・・・・・・・・・15 mg
L-フェニルアラニン・・・・・・・23.5 mg
L-プロリン・・・・・・・・・・・・・・・・15 mg
L-セリン・・・・・・・・・・・・・・・・・30 mg
L-トレオニン・・・・・・・・・・・・・49 mg
L-チロシン・・・・・・・・・・・・・・28 mg
L-トリプトファン・・・・・・・・・・7.5 mg
L-バリン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・48 mg
ρ-アミノ安息香酸・・・・・・・・・・0.5 mg
D-ビオチン・・・・・・・・・・・・・・・・0.2 mg
重酒石酸コリン・・・・・・・・・・・・・0.9 mg
塩化コリン・・・・・・・・・・・・・・・・26.5 mg
葉酸・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1 mg
myo-イノシトール・・・・・・・・・18.5 mg
ニコチン酸アミド・・・・・・・・・・・・1 mg
パントテン酸カルシウム・・・・・・0.6 mg
ピリドキサール塩酸塩・・・・・・・・0.5 mg
ピリドキシン塩酸塩・・・・・・・・・・0.5 mg
リボフラビン・・・・・・・・・・・・・・0.15 mg
チアミン塩酸塩・・・・・・・・・・・・・・・1 mg
シアノコバラミン・・・・・・・・0.004 mg
ブドウ糖・・・・・・・・・・・・・・・2,000 mg
ピルビン酸ナトリウム・・・・・110 mg
コハク酸・・・・・・・・・・・・・・・・・・37.5 mg
コハク酸二ナトリウム(無水)・・50 mg
ヒポキサンチン・・・・・・・・・・・0.025 mg
チミジン・・・・・・・・・・・・・・・・・0.013 mg
グルタチオン・・・・・・・・・・・・・・・・0.5 mg
プトレッシン二塩酸塩・・・・・0.013 mg
ジヒドロキシエチルグリシン・・・・・・・・・・・・・・1,800 mg
フェノールレッドナトリウム塩・・・・・・・・・・・・・・・・5 mg

サプリメントA(凍結乾燥品)10 mL用(1 L用)中
インスリン(ウシ)・・・・・・・・・・・10 mg
トランスフェリン(ヒト・ホロ型)・・・・・・・・・・10 mg

サプリメントB(液状)5 mL(1 L用)中
モノエタノールアミン・・・・・・・・・・20 mg

ダルベッコPBS(-)粉末「ニッスイ」Dulbecco’s PBS(-) “Nissui”

製品コード

05913

統一商品コード

302059133

JANコード

4987302059133

包装

100g

希望納入価格

3,000円

使用期限

2年間

貯法

密栓冷所(2~10℃)
防湿

製品概要

ダルベッコPBSは、細胞に不可欠な無機塩を血清や組織液と等張になるように配合し、さらに空気相において細胞に適したpH付近で十分な緩衝能をもつように調製された生理的緩衝塩類溶液である。一般に、PBS(-)はトリプシン等の酵素溶解液や酵素処理前の細胞洗浄液として用いられ、またPBS(+)は細胞の洗浄液や薬剤の希釈液として用いられる。

使用法

1.PBS(-)の場合:PBS(-)粉末9.6 gを蒸留水に溶解して全量を1,000 mLとし、121℃で15分間高圧蒸気滅菌またはろ過滅菌する。

2.PBS(+)の場合:PBS(-)粉末9.6 gを蒸留水に溶解し全量を800 mLとした液を撹拌しながら、これに金属塩類溶液200 mL〔自家調製:塩化カルシウム(無水和物)100 mg、塩化マグネシウム(六水和物)100 mgを蒸留水に溶解して200 mLにしたもの〕を徐々に注ぎ込んで混合し、ろ過滅菌して使用する。高圧蒸気滅菌する場合は各液別々に行い、よく冷却してから上記の方法で無菌的に混合する。

調製したPBS(-)およびPBS(+)は密栓して冷暗所(2~10℃)に保存する。

組成

9.6 g(1 L分)中

塩化ナトリウム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8,000 mg
塩化カリウム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・200 mg
リン酸水素二ナトリウム(無水)・・・・・・・・・・・・1,150 mg
リン酸二水素カリウム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・200 mg

注:Ca+、Mg+は含まれていないが、加えた水の条件によってリン酸塩が生じ、沈殿を起こすことがある。

ダルベッコPBS(-)粉末「ニッスイ」分包 1LX10Dulbecco’s PBS(-) “Nissui” 分包 1LX10

製品コード

08190

統一商品コード

302081905

JANコード

4987302081905

包装

1L分×10包

希望納入価格

5,000円

使用期限

2年間

貯法

密栓冷所(2~10℃)
防湿

製品概要

ダルベッコPBS(-)粉末「ニッスイ」を1L分(9.6 g)ずつ分包した製品である。

ダルベッコPBSは、細胞に不可欠な無機塩を血清や組織液と等張になるように配合し、さらに空気相において細胞に適したpH付近で十分な緩衝能をもつように調製された生理的緩衝塩類溶液である。一般に、PBS(-)はトリプシン等の酵素溶解液や酵素処理前の細胞洗浄液として用いられ、またPBS(+)は細胞の洗浄液や薬剤の希釈液として用いられる。

使用法

1.PBS(-)の場合:PBS(-)粉末1包を蒸留水に溶解して全量を1,000 mLとし、121℃で15分間高圧蒸気滅菌またはろ過滅菌する。

2.PBS(+)の場合:PBS(-)粉末1包を蒸留水に溶解し全量を800 mLとした液を撹拌しながら、これに金属塩類溶液200 mL〔自家調製:塩化カルシウム(無水和物)100 mg、塩化マグネシウム(六水和物)100 mgを蒸留水に溶解して200 mLにしたもの〕を徐々に注ぎ込んで混合し、ろ過滅菌して使用する。高圧蒸気滅菌する場合は各液別々に行い、よく冷却してから上記の方法で無菌的に混合する。

調製したPBS(-)およびPBS(+)は密栓して冷暗所(2~10℃)に保存する。

組成

9.6 g(1 L分)中

塩化ナトリウム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8,000 mg
塩化カリウム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・200 mg
リン酸水素二ナトリウム(無水)・・・・・・・・・・・・1,150 mg
リン酸二水素カリウム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・200 mg

注:Ca+、Mg+は含まれていないが、加えた水の条件によってリン酸塩が生じ、沈殿を起こすことがある。

ダルベッコPBS(-)粉末「ニッスイ」分包 10LX1Dulbecco’s PBS(-) “Nissui” 分包 10LX1

製品コード

08192

統一商品コード

302081929

JANコード

4987302081929

包装

10L分×1包

希望納入価格

2,700円

使用期限

2年間

貯法

密栓冷所(2~10℃)
防湿

製品概要

ダルベッコPBS(-)粉末「ニッスイ」を10L分(96 g)分包した製品である。

ダルベッコPBSは、細胞に不可欠な無機塩を血清や組織液と等張になるように配合し、さらに空気相において細胞に適したpH付近で十分な緩衝能をもつように調製された生理的緩衝塩類溶液である。一般に、PBS(-)はトリプシン等の酵素溶解液や酵素処理前の細胞洗浄液として用いられ、またPBS(+)は細胞の洗浄液や薬剤の希釈液として用いられる。

使用法

1.PBS(-)の場合:PBS(-)粉末1包を蒸留水に溶解して全量を10 Lとし、121℃で15分間高圧蒸気滅菌またはろ過滅菌する。

2.PBS(+)の場合:PBS(-)粉末1包を蒸留水に溶解し全量を8 Lとした液を撹拌しながら、これに金属塩類溶液2 L〔自家調製:塩化カルシウム(無水和物)1000 mg、塩化マグネシウム(六水和物)1000 mgを蒸留水に溶解して2 Lにしたもの〕を徐々に注ぎ込んで混合し、ろ過滅菌して使用する。高圧蒸気滅菌する場合は各液別々に行い、よく冷却してから上記の方法で無菌的に混合する。

調製したPBS(-)およびPBS(+)は密栓して冷暗所(2~10℃)に保存する。

組成

9.6 g(1 L分)中

塩化ナトリウム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8,000 mg
塩化カリウム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・200 mg
リン酸水素二ナトリウム(無水)・・・・・・・・・・・・1,150 mg
リン酸二水素カリウム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・200 mg

注:Ca+、Mg+は含まれていないが、加えた水の条件によってリン酸塩が生じ、沈殿を起こすことがある。

HBSS – ハンクス液「ニッスイ」①Hank’s Balanced Salt Solution “Nissui”①

製品コード

05905

統一商品コード

302059058

JANコード

4987302059058

包装

100g

希望納入価格

4,000円

使用期限

2年間

貯法

密栓冷所(2~10℃)
防湿

製品概要

炭酸水素ナトリウム不含

ハンクス液「ニッスイ」①は、細胞に不可欠な無機塩を、血清や組織液と等張になるように配合し、さらに培養にともなうpHの変化ができるだけ小さくなるよう緩衝能をもたせた生理的緩衝塩類溶液であり、細胞の基本的エネルギー源であるブドウ糖を含んでいる。また、pH指示薬としてフェノールレッドが加えてあるので、調製した培養液のpHの低下を直接に目で見ることができる。

使用法

本品9.8 gを蒸留水に溶解し、全量を1,000 mLとする。完全に溶解したのち、炭酸水素ナトリウムを適量加え(炭酸水素ナトリウム0.2~0.35 gを加えた場合、空気相下、37℃でのpHは7.3~7.6)、直ちにろ過滅菌する。すぐに使用しない場合は、密栓して冷暗所(2~10℃)に保存する。

組成

9.8 g(1 L分)中

塩化ナトリウム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8,000 mg
塩化カリウム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・400 mg
リン酸水素二ナトリウム(二水和物)・・・60 mg
リン酸二水素カリウム(無水)・・・・・・・・60 mg
硫酸マグネシウム(七水和物)・・・・・・・・100 mg
塩化マグネシウム(六水和物)・・・・・・・・100 mg
塩化カルシウム(無水)・・・・・・・・・・・・・・140 mg
ブドウ糖・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1,000 mg
フェノールレッド・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6 mg

HBSS – ハンクス液「ニッスイ」②Hank’s Balanced Salt Solution “Nissui”①

製品コード

05906

統一商品コード

302059065

JANコード

4987302059065

包装

100g

希望納入価格

4,000円

使用期限

2年間

貯法

密栓冷所(2~10℃)
防湿

製品概要

フェノールレッド・炭酸水素ナトリウム不含

ハンクス液「ニッスイ」②は、ハンクス液「ニッスイ」①の処方からフェノールレッドを除いたもので、透析、免疫の実験などに用いられる。

使用法

本品9.8 gを蒸留水に溶解し、全量を1,000 mLとする。完全に溶解したのち、炭酸水素ナトリウムを適量加え(炭酸水素ナトリウム0.2~0.35 gを加えた場合、空気相下、37℃でのpHは7.3~7.6)、直ちにろ過滅菌する。すぐに使用しない場合は、密栓して冷暗所(2~10℃)に保存する。

組成

9.8 g(1 L分)中

塩化ナトリウム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8,000 mg
塩化カリウム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・400 mg
リン酸水素二ナトリウム(二水和物)・・・60 mg
リン酸二水素カリウム(無水)・・・・・・・・60 mg
硫酸マグネシウム(七水和物)・・・・・・・・100 mg
塩化マグネシウム(六水和物)・・・・・・・・100 mg
塩化カルシウム(無水)・・・・・・・・・・・・140 mg
ブドウ糖・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1,000 mg

グルタミン「ニッスイ」Glutamine “Nissui”

製品コード

05908

統一商品コード

302059089

JANコード

4987302059089

包装

0.3g

希望納入価格

800円

使用期限

2年間

貯法

密栓冷所(2~10℃)
防湿

製品概要

L-グルタミンを無菌凍結乾燥したものである。

使用法

1バイアルに滅菌蒸留水10 mLを加えて溶解する。溶解し、滅菌した高圧蒸気滅菌可能培地(例:イーグルMEM培地「ニッスイ」①)に必要量を無菌的に添加する。

注意
一部使用のL-グルタミン液の残部は凍結保存すれば、再度の使用が可能である。L-グルタミン液は-20℃で6ヵ月間、2~10℃では7日間有効。

組成

本品1バイアル中
無菌凍結乾燥L-グルタミン0.3 gを含有する。

液体培地

変法ランフォード培地Modified Lanford medium

製品コード

05957

統一商品コード

302059577

JANコード

4987302059577

包装

100mL

希望納入価格

15,000円

使用期限

2年間

貯法

-80℃

製品概要

変法ランフォード培地は、Roberte E. Lanford らが開発した Lanford mediumを改良し、 Williams E mediumに成長因子や各種ホルモンを添加し、更に抗生物質を添加して一体化した完全調製済みの液体培地である。

[ 特 長 ]
1) ヒト肝細胞を長期培養できる無血清培地である。
2) 組成が明確なので安心して利用できる。
3) 融解するだけで簡単に使用可能である。
4)-80 ℃の凍結保存で 2 年間の長期保存が可能である。

注意
本基礎培地は亜セレン酸ナトリウムを含有しているが、極微量(0.00011%以下)のため、医薬用外毒物には該当しない。

使用法

本品は凍結状態で配送するため、使用に際してはまず冷蔵庫内または室温で解凍する。

融解した培地は冷暗所(2~10℃)で、炭酸ガスの飛散を防止してpHが極度のアルカリ性にならないように保存して、2週間以内に使用する。(再凍結は避ける)

組成

100 mL 中

ウイリアムスE培地(L-グルタミン不含)・・・・1,050 mg
炭酸水素ナトリウム・・・・・・・・・・・・・・・・220 mg
ペニシリン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10,000 U
ストレプトマイシン・・・・・・・・・・・・・・・・・・10,000 μg力価
L-グルタミン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・29.2 mg
リノール酸/BSA・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・0.5 mg
EGF・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5 μg
ハイドロコーチゾン・・・・・・・・・・・・・・・・・・0.03626 mg
セレン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・0.0017172 mg
LCGF・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・0.002 mg
トランスフェリン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・0.5 mg
エタノールアミン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・0.006 μL
プロラクチン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・500 ng
インスリン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1.0 mg
グルカゴン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・0.2 mg
アムホテリシンB・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・75 μg力価